古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2022/02/18

国際法・国際政治に関する専門書の買取 「パワー・シフト――新しい世界秩序に向かって」

今回は国際法・国際政治に関する書籍を買い取りました。以下に特に良い査定額をおつけできたものを紹介します。

「国際政治の理論 (ポリティカル・サイエンス・クラシックス 3)」
「人間・国家・戦争: 国際政治の3つのイメージ」
「国際環境法講義」
「オートポイエーシス―生命システムとはなにか」
「正戦と内戦 カール・シュミットの国際秩序思想」 

などなど。

 
今回は、45冊で査定額合計が6,857円となりました。上記リストにあるのはすべて1冊あたり500円以上のものです。中でも

 
「正戦と内戦 カール・シュミットの国際秩序思想」

 
は1冊800円超えでした(査定時2022年2月現在)。

国際法関連の専門書は新品でも販売額が高いこともあり、中古品でも高い値段で取引させていただくことが多くあります。

法律関係は比較的新しめの方が高いお値段をお付け出来る事が多いため、本棚に眠りそうな書籍などありましたら、早めにお売りいただけたらと思います。

また、今回カバーのない本が数冊ございました。カバーの有無で買取価格に大きく影響いたしますので、欠品の無いようにお送りいただけるとより良い査定をお出しできます。

さて、今回買い取らせていただいた本から気になる1冊を選び出すこのコーナー。

今回はこちらにしてみました。

「パワー・シフト――新しい世界秩序に向かって」2020年、リチャード・フォーク (著),岩波書店 

 

今回初めてこちらの記事を担当させていただくことになりました。今回の担当者は一応理系人間と自負しております。・・・時々インチキ理系だと揶揄されておりますが。。。

法律関係・哲学などに憧れがありますね。スラスラと読めればかっこいいですよね。どれも目を引くのですが、パワー・シフト、力強い文字に惹かれて思わず手にとってしまいました。

見返しをめくると 「気候変動、パンデミック、テロリズム、核兵器の拡散などの地球規模の脅威に、既存の国家中心的世界秩序は対応できていない。」、等々最近良く耳にする言葉が並んでいます。 「国家によるハードパワーの政治から人々によるソフトパワー政治への、人類の生存をかけたシフトをめぐる壮大なスケールの論考」とあります。

著者はリチャード・フォーク。調べてみますとアメリカ合衆国の法学者・国際政治学者 プリンストン大学教授でハーバード大学、イエール大学で学ぶ等々素晴らしい経歴の持ち主です。

すごい方ですね。そのような方は世界をどのように見ているのでしょうか?興味が湧きます。

第13章からなり、日本向けに書かれた序文もあります。個人的には日本用の序文なんて嬉しいと思います。

内容ですが、全体をまとめるとすると国際法のプロフェッショナルが新しい地政学の大切さを訴えながら、主に第2次世界大戦から現在に至るまでの検証と未来に向けての論考する1冊といった感じでしょうか?

個人的には結論的なものを見出したかったのですが、、、。あくまで論考です。

序章から入れると憲法9条問題、北朝鮮問題、中東、アフリカ、西洋等々幅広く論考されていました。

本書は1冊で地球が抱える危機的な現代の問題点が一通り把握でき、未来に向けての考え方の指針がわかるような内容になっていると思います。

全体的な個人的感想としては世界が抱える様々な地球規模の問題を考える際の共通認識となれば平和は訪れるのかなとざっくり思いました。ざっくり過ぎてすみません。。。

「ざっくり」になってしまったのには理由がありまして・・・著者の名付けた専門用語をちょっと難し目の言葉だらけで説明する、、、時々ありますよね?本書もそのような傾向が正直あります。やはり多少の専門知識があったほうが良さそうですね。辞書を引き引き頑張りましたが、、、すみません。また、5名の翻訳者(大学教授です!)によって翻訳されているせいか、わかりやすい章と、頭を抱えてしまう章が個人的にはありました。

既述したように、本書はあくまで第二次世界大戦後から現在までに起こっている地球規模の問題を例示しながら著者が「論考」する内容となっており、はっきりとした「結論」が提示されているわけではありません。故に、暗に著者が移行を推奨するソフト・パワーではなく、ハード・パワーによる解決を是とする読者がいたとしても、それはその個人の判断に委ねられているところです。手にとっていただいた皆様が様々な論考をされては?と思える1冊でした。

 

今回も良書をたくさんお譲りいただき、ありがとうございました!(スタッフ T)

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する