古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2017/03/16

かんたんな掃除の仕方、布とアルコールがあれば大丈夫。(ただし注意点も..)

本日は料理書の買取です。

TIME LIFE BOOKS社から発行されている「世界の料理」シリーズ、

古い料理大系ものは販売が厳しいものが多いなかこちらのシリーズは現在でも比較的人気があります。

 

どんなに大切に保管していたものでも古くなるとどうしても汚れが目立ってきますよね。

 

そんなときに活躍してくれるのがこれ。

そう、ふきんアルコールです。

使い方はアルコールをふきんに少量染み込ませ汚れた箇所を拭くだけ。

拭く前とくらべてみると

こんなに綺麗になります。

(画像加工したわけじゃないですよ!)

アルコールは水などでも代用が効きますが

水だとつけすぎてしまったり、またアルコールの場合には除菌も兼ねてお掃除ができますので

僕はアルコールをおすすめしています。

ただどんな本でも拭いてよいかとそうではないんですよね。

元々紙自体は水に弱いため下手に拭くとヨレてしまったり逆に汚れが染み込んでしまう場合があります。

じゃあどんなものならいいの?って話ですが

簡単な見方としては「光沢性のある素材か否か」

身近なものではコミックのカバーなどがそれに当たりますね。

光沢のあるカバーはすなわち撥水性がありますのでアルコールなど水性のものが汚れ落としに向いています。

あ。あと拭く時にはカバーを本体から外して拭いてくださいね。紙面が濡れてしまう可能性がありますので。

 

かんたんな掃除の仕方と前フリしましたが結果的に注意点の方が多くなってしまいました。。。

 

書籍の他の部分の掃除の仕方についてはまた別途ご紹介いたしますね。

それでは。

 

 

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する