古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2018/07/12

機械工学、工芸などに関する書籍を買い取り致しました

今回は機械や工芸など多岐にわたる種類の書籍を買い取りさせていただきました。

その中でふと目に留まった本がこちら

わかりやすい最新時計学 (1968年)

1960年台の終わりに出版されていることもあって、外観はやや使用感・経年感があるものの、中に書き込み等はなく本文は良好な状態でした。

日常生活の中で時間を意識しないことはないと思うのですが、それを刻む時計自体にはあまり目を向けたことはありませんでした。そこにきてこちらの本。「時計学」です。失礼ながら、時計学という言葉自体を初めて目にした気がします。

表紙を見れば、様々な形、ブランドの腕時計の写真が並びます。腕時計のカタログなのかな?と中身を拝見してみれば、「どうやって時間は決まるのか?」という疑問に天文学の知識が飛び出し、「どうやって時計は発達してきたのか?」という問いかけには先人たちの知恵が次々に紹介され、「時計の仕組み」についての好奇心には分解や組み立て、修理の仕方や、それに必要な道具まで紹介してくれています。個人的には「宇宙旅行を準備される方々に…」とキャッチコピーのついた腕時計の広告にぐっと心をわしづかまれました(笑)当時、「宇宙」というのは近未来的生活を人々に予感させる希望的なフレーズだったのでしょうね。

出版から月日が経っていますので、どのくらい現在の時計にこちらの書籍の知識が実際的な役に立つかはわかりませんが、純粋に読み物としてとても面白いと思いました。

今回も良書を沢山お譲りいただき、ありがとうございました!

 

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する