古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2020/08/21

手芸や言語学習(英語)の書籍買取

今回は手芸と言語学習(英語)に関する本を中心に買取をさせていただきました。以下に特に良い値段をお付けできた本を紹介いたします。

「暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ」
「UVレジンで作るかんたんアクセサリー ~素材を閉じ込めるだけ~」
「エプロンの本―暮らしを楽しむ30のスタイル」
「そのまま着ても、重ねて着てもワンピース」
「家具デザインと製図」
「アクセサリー作りのための レジンの教科書」
「ちずたび 京都と出会う自転車BOOK 市内版」
「RE DESIGN―日常の21世紀」
「リジーの庭―『自負と偏見』それから」
「フレンチ額装に魅せられて (好きな仕事で生きる)」
「The Soul of a Tree: A Master Woodworker’s Reflections」
「Victorian Cabinet-Maker’s Assistant (Picture Archives S.)」
「The Cambridge Certificate of Advanced English Course Self-Study Student’s Book」
「Build Your Vocabulary 3」
「Build Your Vocabulary Build Your Vocabulary 1 (96 pp) (Language Teaching Publications Series)」
「Cambridge International Dictionary of Phrasal Verbs.」
「クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 シーズン8 コンパクト BOX [DVD]」
「TIMECHART HISTORY OF WORLD HB (World History)」

などなど。

「TIMECHART HISTORY OF WORLD HB (World History)」↓

この本、すごく目を惹かれますね~。まずはその大きさもありますが、何より内容!世界の歴史(と、いっても日本は18世紀以降に登場するなど、全範囲はカバーされていませんが。)が1冊に凝縮されています。
その見せ方が面白いんです。少しだけ内容をチラ見せ。

西暦0年~400年あたりのページはこんな感じです↑ (左から右に時代が進んでいます。十字架のようなマークはどうやらキリスト教徒迫害の歴史のようです。そして、赤い◯は公会議、などマークなども用いて分かりやすくしてあります。)

高校の歴史の資料集に歴史の流れを図示したものが載っていたかと思いますが、それのワールドワイド版、しかも6000年分です。

こちら、大英博物館にあった1890年作成のオリジナルを1997年版にアップデートしたものなのですが、なんと今年2020年度版に更にグレードアップして出版されたそうですよ。・・・気になる!!

あとは何と言っても手芸の本が魅力的でした。
「UVレジンで作るかんたんアクセサリー ~素材を閉じ込めるだけ~」も、レジン初挑戦の方にはオススメの一冊。暑いときには涼やかなレジンアクセサリーとか作りたくなりますよね~。

が、個人的気になるナンバーワンの本はこちら

「暮らしの中の布箱づくり―広岡ちはるのカルトナージュ」


でした!

カルトナージュ、手芸好きの皆様ならおなじみでしょうが、フランス発祥の厚紙を芯に用いた布製箱のことです。身近にある古布、例えば、おばあちゃんの昔の着物だとか、子どもの小さくなってしまった洋服、他の裁縫に使ったけど余ってしまった布などを活用して、日常に使える可愛い箱が作れることが魅力です。

こちらの本では、まず、蓋のスタイル別にいろいろなバリエーションの箱を紹介しています。表紙にある箱のようなオーソドックスなボックススタイルのもの以外にも、本の様な形をしたブックスタイル、六角形や八角形をしたものや、丸いオーバルスタイルなど、さまざまなものがあります。

次に「暮らしのスタイルに合わせた布箱」として、ギフトボックスやレターラック、カトラリーケースなど、難易度が高いものも紹介されていますので、初心者から上級者まで楽しめそうですね。

こちらの本で紹介されているデザインは派手派手しいものはなく、どちらかというとおとなしめのものが多い印象ですが、例えば、上蓋に刺しゅうを施した布を使ってみたり、ビジューを使ったり、タッセルをあしらってみたり、自分のオリジナリティを加える余地があって、返ってワクワクしてしまいます。

まだまだ暑い夏、涼しい室内で、もしくはこれから長くなる夜のチクチクタイムにいかがですか?

今回も良書をたくさんお譲りいただき、ありがとうございました!

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する