古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2021/06/04

【特別記事】第5回 本の適材適所とは【会社紹介記事】

【買取日記ジャンル】

何回かに渡ってお送りしてきた会社紹介記事ですが、本稿が最終回となります。今回はノースブックセンターが運営する別サービス「古本一括査定.com」について紹介させていただきます。

【それぞれの強みを生かして】

第1回記事で当社の考え方の概略を述べましたが、それをさらにぎゅっと凝縮した形で書きますと、「出来る限り無意味に捨てられる本を少なくしたい。古本を次の人につなぎたい」という思いに尽きます。

ただし、もちろん当店だけですべての本が救えるわけではありません。そこで、当店の場合は専門書に特に力を入れて買取をすることで、例えばISBNやバーコードがなくても、多少の汚れやヤケなどがあっても買取が可能になることを述べました。(「第2回 ノースブックセンターが買取できる本とは~ジャンル編~」「第3回 ノースブックセンターが買取できる本とは~状態編~」にて詳細説明あり。)

当店や、競合他店のような「うちではこの分野の本は高く買取ができます、次の人にもお渡しできます」という分野がそれぞれにあれば、お客様もそこを選択して本を売ることができます。そこから、

売れない本を適切でない古書店に売ってしまう→結果的に本は廃棄になる

というミスマッチを防ぐことができるのではないか?

(※他にもお客様・配送業者・当社の手間等ムダとなってしまう人的・金銭的コストの話も「第1回 ノースブックセンターの考え方編」で触れました。)

 

第1回記事より再掲。コスト・手間のスパイラル。

 

古書業界全体でそれを目指すことができれば、捨てられてしまう本を減らせるのではないか?という考えから開始したサービスが「古本一括査定.com」です。

【適切な買い手と「本の適材適所」】

そもそも、お客様からしたら、どの古書店がどういった本の買取を得意としているのか、適切な値段で買い取ってくれるのかを判断するのは難しいのです。個別に問い合わせをして調べることはできるかも知れませんが、相当骨の折れる作業でしょう。現実的ではありません。

ですが、次の方に譲りたい本の写真を撮って送るだけで、その本の買取を得意としている古書店様が「うちは◯円で買いますよ」「うちは☓円です、出張買取にも応じますよ」など手を挙げてくださったり、お客様の都合の良い条件等を提示してくださったりすれば、お客様は簡単に自身の納得のいく古書店様を選択することができます。古本一括査定.comではそのような手順でマッチングをしています。

また、その分野の買取が得意ということは、つまるところ販売も得意であるわけで、結果的に買い取られた本が次の方に渡る可能性も高くなると考えます。こうして、

適切な古書店(買い手)を選択することで、本も廃棄されることなく適切な場所にいく=適材適所

という大きな流れができることが当サービスの目的であり目標です。

導入部分はネット上でのやり取りとなるので、相手の古書店様の顔が見えないというお客様の不安は残りがちですが、その部分は取引が成立する前でも古書店とやり取りができたり、古書店様のプロフィールページを充実することで「視える」化したりと、その辺りは工夫していますが、今後も古書店様、お客様双方のご意見をいただきながらサービスをより充実させていきたいと思っております。

【「古本一括査定.com」という選択肢をプラス】

繰り返しとなりますが、当店のみですべての本を最適な場所につないでいくのが難しいことは以上に述べてきたとおりです。

しかし、お客様から「これは売れますか?亡くなった主人が大切にしていたんだけど・・・」「ずっと集めていたコミックがたくさんあって。思い入れがあるから捨てたくないんですけど・・・」というようなお問い合わせをいただくたび、そして、当店での買取が難しい(お値段を付けられず、採算的にお引き受けできない)場面に遭遇するたびに、胸の奥に鈍い痛みを感じるのです。

そこで、当店ができることとして、「古本一括査定というサイトがありまして…」と他に好条件で買い取ってくださる古書店様をお探しいただくことを提案しています。

実際に「思い入れのあった本が予想以上に高く売れた」、「大事に扱ってくれそうな古書店様に出会えた」というお客様の声もいただいております。当方としても嬉しい限りです。

そうした理想的な取引ができたならば、お客様にとっても、その本を必要としている古書店にとっても、そして、その先に待っている未来の読者にとっても、素敵なことではありませんか?

 

人の何かしらの 想いを乗せた古本をつないでいくことに、新刊書を扱う書店にはない古書店としての醍醐味を感じつつ、その愛すべき古書の世界がより良いものとなるよう、ささやかながら尽力していきたいと思っております。

 

 

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する