古本買取通販ノースブックセンター|学術書、専門書の和書、洋書古本の買取

買取専用
ダイヤル

042-677-6184

受付時間 9:00~17:00

ご連絡はお気軽に!

スタッフブログ買取日記

買取実績など、
日々更新しています!

買取現場からリアルな買取レポートをお伝えします!
※プライバシーには充分に配慮し、お買取した書籍についてのみ掲載しております。
(買取依頼時に掲載の可否をご選択いただけます)

2021/05/14

【特別記事】第4回 安心してご利用いただくために【会社紹介記事】

【買取日記ジャンル】

前回までの第2回では当店で買取可能な商品のジャンル、第3回では買取可能な商品の状態について説明させていただきましたが、第4回となる今回は、当店がお客様に安心・満足な売却を経験していただくために行っているサービスの紹介をさせていただきたいと思います。

また例によって、競合他社のサービスと比較しながら見ていただければと思います。

●本を詰めるダンボール

 当店では初回ご利用の方には全員に本などお売りいただく商品を詰めていただくためのダンボールを無料提供いたします。また、宅配業者による集荷手続きも当店で行わせていただくため、お客様にやっていただくことは

①お申し込みフォームに必要事項を入力 (このとき、ダンボールの必要枚数と集荷に都合の良い日を選んでいただきます)

②本と身分証を届いたダンボールに詰める

これだけです。

その後は当店で査定した結果を承認いただければ即入金となります。

 

「初回の方は」と書きましたが、ご希望の方には2回目以降も無料でダンボールをプレゼントさせていただきます。

ブックスドリームさんでも同様のサービスをされているようですが、他は箱数が決まっていたり(当社では枚数上限はありません)、そもそもダンボールはご自身でご用意いただかなければならないケースが多いようです。

●事前見積 安心・納得の仕組み1

実際に本を送る前に、おおまかな査定額を知りたいという方も多いでしょう。当店ではそのようなニーズに応えるため、事前見積を行っております。

上表他店さまでは、HP内にISBN等を入力することで(ネットオフ、ブックオフオンライン)、またはスマホで本棚を撮影することで(バリューブックス)、ご自分でおおまかな買取金額を事前に調べられるようになっています。当店ではISBNのない書籍も買取対象としているため、こういったオンライン検索での事前見積は性質になじみません。

これは一見利便性に欠くように思われますが、状態も加味(事前見積の際に「カバーや箱が欠品している」「傷みが激しい」など気になる点を申告いただけます)して丁寧な事前見積額を出すことが可能です。こうして実際の買取額と事前見積額とが乖離することが防げますので、結果的にはお客様の満足感につながるのではないかと自負しております。

※稀に実際に送っていただいたお品物の状態が非常に悪かったり、必要な付属品が欠品していたりする場合には事前見積額から減額させて頂くこともあります。その場合には、査定通知上で減額理由を記載させていただいております。

ただし、事前見積をさせていただくためには、お客様にて本のリストを作成いただく必要がありますので、全員ではなくご希望者のみとさせていただいております。

●査定額に納得がいかなかった場合と返送料 安心・納得の仕組み2

残念ながら、実際に本を送っていただき査定額を算出した後で、その額に納得がいかないということもあるかと思います。当店ではそのような場合はキャンセルが可能です(承認制の採用)。お品物は返送させていただきます。

しかしながら、当店では、その際にかかる返送料はお客様負担とさせていただいております。一方、バリューブックスさんではお店が全額負担してくれますし、ブックスドリームさんは査定で値段のついた品物については送料を負担してくれるようですね。

なお、当店ではお申込の時点で査定額の承認の要・不要を選択できます。承認を「不要」でお申込いただいた場合は、査定終了後速やかに入金手続きに移らせていただきます。(承認を「必要」とされた場合は、お客様の「承認する」というご意向を確認してからの入金になります。)

詳しい流れについては当店HPで説明しておりますので、よろしければご確認ください。

●買い取れる量(最低限必要な量と上限)

まず、最低量ですが、当店では特に決めてはいません。しかしながら、30点以上まとめてお送りいただくことでお客様の送料を無料にさせていただくサービスをしておりますので、30点以上お送りいただく方が断然お得です。ネットオフではハッキリと「30点以上から」と最低必要量を定めています。

次に上限量ですが、当店ではこちらも特に定めていません。一方、ブックオフオンラインでは下限は明記がありませんでしたが、上限はダンボール5箱までと決められています。

当店と同じく、上限も下限も定めがないバリューブックスさんでは、その代わりに1箱あたり500円の送料がお客様負担となるようです。

こう見ますと、第2回の得意買取ジャンルの話も含めて考えると、例えば、

最新小説や揃いのコミックなどを売却したい方で5箱以内に入るようならブックオフオンライン

 (もしくは、ダンボールが無料で欲しくて本が30点以上あるならネットオフ)

古い専門書やISBNのない本が大量にあるなら当店

で売るのがお得なのかな?

とったように、ケース別のお得な売却イメージがつかみやすいでしょうか。

 

第2回や第3回の内容の繰り返しにもなりますが、売りたいお品物、どの部分をお得に利用したいか、大事にしたいかによって上手に取引相手を選択してくださいね。

 

次回は「第5回 本の適材適所とは」と題して、第1回で書かせていただいた「古書を出来るだけ多く、次の方につなぎたい」といった思いから始めた「古本一括査定.com」について紹介させていただきたいと思います。

買取依頼したい方はこちらから!

  • 買取できるもの・買取できないもの
  • 買取を依頼する